四季を通じて様々な表情をみせる雄大な自然

「テロワールを存分に感じられる個性的なワイン」

記事一覧

まだ知らない日本ワイナリーの魅力がそこにある

「造り手たちの極上の一滴に懸ける熱い想い!」

特集記事

悠々たる時の流れとどこまでも続くぶどう畑

「テロワールを最大に感じるワイナリーの挑戦」

追跡!ワイナリー最新情報!

ぶどうの味や香り、風味がそのまま薫るワイン

「熟成を得て静かにその時を待っている」

記事一覧

オススメワイナリー

日本には世界に負けない素晴らしいワイナリーがたくさんあります。
その素晴らしいワイナリーをもっと知れたら・・・・

  1. 『GozanWineWorkS』ぶどうのおいしさをそのままに表現した、優しい味わいのワインを造る

    • ぶどう畑
    • 北陸・甲信越
  2. 『Yoshie Vinyard(ヨシエ・ヴィンヤード)』ものづくりを愛し、ぶどうの味わいをストレートにあらわしたワインを造る

    • ぶどう畑
    • 北陸・甲信越
  3. 『東夢ワイナリー』勝沼のテロワールを表現し、地域の魅力を発信する

    • ショップ
    • 北陸・甲信越
  4. 『GRAPE SHIP(グレープ・シップ)』マスカット・オブ・アレキサンドリアが鮮烈に香るロゼワインが自慢

    • ぶどう畑
    • 中国・四国
  5. 『河内ワイン』魅力あふれるワインを造り、おもてなしの精神が息づくワイナリー

    • カフェ・レストラン
    • 大阪府
  6. 『ドメーヌ・イトウ』夢を叶えるため、ものづくりとしてのワイン造りに挑む

    • ぶどう畑
    • 愛知県
  7. 『KANATA WINERY』果樹栽培のスペシャリストが手がけたぶどうで造る、魚津の食材に寄り添うワイン

    • ショップ
    • 北陸・甲信越
  8. 『DOMAINE RAISON(ドメーヌレゾン)』中富良野町の大自然の中、ヤギたちと共に育ったぶどうで造るワイン

    • カフェ・レストラン
    • 北海道
GozanWineWorkSが造るワインは、幅広い層の人たちに、気軽に飲んでもらうことを念頭に醸造している。そのため、いずれの銘柄も軽やかな味わいいが特徴だ。
「将来的には長期熟成タイプのビッグなワインも造る可能性もありますが、今はいろいろなシチュエーションで飲んでいただきやすいワインを造ることに専念しています。私が造ったワインを飲んで、『喜びが倍増して、悲しみが半減する』と感じていただけたら嬉しいですね」。
簡単に作れる料理と合わせて、明るいうちから楽しく飲んでもらうのが理想だという。ひとりでゆっくり味わうもよし、気の置けない友人と過ごす楽しい場のお供にするもよし。GozanWineWorkSのワインは、お好みのシーンに寄り添ってくれるワインになることだろう。

https://terroir.media/?p=7932
@feel.terroir
GozanWineWorkSから初リリースした銘柄5種類を紹介していただいた。
・Gozanルージュ2021 メルロー、カベルネ・フラン
初リリースにして初ヴィンテージワイン。メルロー56%、カベルネ・フラン44%、収穫量が少なく単一で仕込みは難しかったためにブレンドスタイルに。アルコール度12%、醸造委託先はたかやしろファーム&ワイナリー。
「メルローとカベルネ・フランをそれぞれ発酵した後にブレンド。ステンレスタンク貯蔵熟成10か月、ウッドチップ使用、瓶詰め後6か月以上熟成して発売開始しました。フラン由来のアーシーなニュアンス、メルローの果実味、そこにウッディな要素が少し加わり複雑性も感じられます。サン=テミリオンスタイルの仕上がりです」。

https://terroir.media/?p=7932
@feel.terroir
長野県北部の中野市にあるGozanWineWorkSの自社畑の標高は450mほど。千曲川沿いにあって日本海から遮られることなく風が吹き抜ける。丘の頂上にあるため日照量も十分で、土壌は粘土質、昼夜の寒暖差が大きいのが特徴だ。
畑が位置するのは千曲川の直右岸、圃場西側の切り立った約100mの崖の下を流れている。千曲川とは、日本最長河川である信濃川の地域名称で、新潟県境から長野県に入ると千曲川と呼ばれる。
「まさに北信のサン=テミリオンといったところでしょうか。実は、愛車の軽トラのナンバーも、サン=テミリオンにちなんだ3103です」と、笑う金子さん。

https://terroir.media/?p=7932
@feel.terroir
2023年12月、いにしぇの里葡萄酒ではナイアガラを使ったワインを2種類リリースした。辛口の「キリイ」と、やや甘口の「ほのな」だ。2023年のナイアガラは過去最高に糖度が上がり、非常に高品質だったという。
「『キリイ』は、少し早めに収穫したナイアガラを使いました。酸が適度にありつつも、華やかでレモンや梨のようなフルーティな香りもあります。ポン酢で食べる鍋料理や、鳥わさポン酢、お寿司など幅広い和食に合いますよ」。
一方、低温発酵させた「ほのな」は酸味が穏やかで甘味をより強く感じられる甘口白ワイン。ワインをあまり飲み慣れない方でも楽しめるだろう。長野の郷土料理である「山賊焼き」との相性は抜群だ。

https://terroir.media/?p=7911
@feel.terroir
2022年ヴィンテージのワインの中から稲垣さんのおすすめを尋ねると、「北小野ブラン.土」の名前が挙がった。北小野地区で採れたケルナーとゲヴュルツトラミネール、リースリングをブレンドしたワインだ。
さわやかな酸が感じられる味わいの「北小野ブラン.土」はアロマティックな香りが最大の特徴で、ゲヴュルツトラミネール由来のライチやバラの香りが華やか。ケルナー、ゲヴュルツトラミネールを10か月熟成し、別に仕込んだリースリングをブレンドすることにより酸味を補っている。
「以前のヴィンテージではステンレスタンクで1年ほど熟成させていましたが、2022年からは古樽に入れています。樽香をつけるためではなく、穏やかに酸化熟成させて複雑味を持たせるための施策です」。

https://terroir.media/?p=7911
@feel.terroir
「自社畑で栽培しているメルローなどの品種は、毎年10月20日前後に収穫をしています。しかし、2022年は収穫予定のほんの数日前に、急激に気温が下がったのです。一気に低温になった影響で葉が落ちてしまい、急遽、収穫を早めることにしました」。
SNSでボランティアを募って、翌日すぐに収穫したことで大きな損害は出なかったが、ボルドー系品種の一部は熟しきっていない状態での収穫となった。しかも、この時の気温の低下はわずか1日だけで、次の日からはまた例年並みの気温に戻ったのだとか。
「10月中の初霜は初めての経験でした。大切に育ててきたぶどうを予定していたタイミングで収穫できず、悔しい思いをしましたね。しかし、標高が高いエリアで栽培をしているので、このようなリスクはつきものなのです。本当は10月末まで置いておきたかったのですが、仕方ありませんでした」。

https://terroir.media/?p=7911
@feel.terroir
「Merlot&Marselan 2021」は、自社栽培したメルローとマルスランを使った赤ワインだ。
「メルロー85%、マルスランが15%の混醸ワインです。補酸と補糖は一切しておらず、アルコール度数が12%あるのが特徴です。味わいでは、特にキリッとした酸が際立っているように感じますね」。
「Merlot&Marselan 2021」は、トマトソースのパスタやチキンのトマト煮込みなど、柔らかな酸味のある料理との組み合わせを試してほしい。

https://terroir.media/?p=7888
@feel.terroir
Yoshie Vinyardのワインのエチケットはシンプルなデザインで、卵がモチーフになっている絵柄だ。2021年は少しだけ殻に割れ目が入った卵で、2022年には卵の中からなにかが顔を覗かせていた。そして、2023年は卵の中の生き物が生まれかけているという風に、ヴィンテージごとの変化が楽しめる仕掛け作りがしてある。
エチケットに描かれたかわいらしい卵などの絵柄は、なんと吉江さんお手製の「消しゴムはんこ」なのだとか。手先が器用で、ものづくりが得意な吉江さんならではの特別なエチケットだ。消しゴムはんこをひとつずつ手押しして制作しているエチケットが貼られたボトルは、ワインを飲んだ後もそもまま飾っておきたくなる愛らしさだ。
そんなYoshie Vinyardからリリース済みの銘柄の中で、吉江さんがおすすめしてくれたのは、「Viognier 2022」。しっかりと香りを引き出すために低温発酵させ、絞る前にスキンコンタクトして皮を液体と一緒に3~4時間ほど漬け込んでから搾汁した。

https://terroir.media/?p=7888
@feel.terroir
以前はあまりワインを飲んだこともなかったと振り返る吉江さんだが、「ワインと漆器と街道の街」である塩尻市出身だけあって、ぶどう畑が広がる風景は子供の頃から見慣れた景色だった。そのためぶどうは、故郷で過ごした時期に身近にある存在だったのだ。
地元に戻って自分がやりたいことは何かを模索し、自分の才能を生かしながら、しかもやりがいある仕事を求めていた吉江さん。
塩尻市ならではの仕事といえば、ぶどう栽培とワイン造りではないか。勉強すれば自分でもワインが造れるかもしれない。考えれば考えるほど、ものづくりをしたい自分にとって、ぶどう栽培とワイン造りはぴったりの仕事だと思えてきた。そこで、「ワイン生産アカデミー」の受講を決めたのだ。

https://terroir.media/?p=7888
@feel.terroir
新しいことにどんどん挑戦し、どんなことでも困難ではなく楽しいことだとポジティブに捉えて突き進む武居さんに、今後の抱負を尋ねてみた。
「まずは、美味しいワインを造って製造量も増やしていくことを目指します。並行して、地域の活性化にひと役買いたいと考えています。面白いことにはどんどん乗っていくフットワークの軽さが自慢なので、どんどん声をかけていただけたらありがたいです」。
ワインは難しい飲み物だと思ってしまうかもしれないが、日常の食卓で肩肘張らずに楽しんでほしいと考えている武居さん。だからこそ、平泉ワイナリーのワインをより多くの人に知ってもらう機会を作ることにも熱心なのだ。

https://terroir.media/?p=7874
@feel.terroir
平泉ワイナリーでは、2022年からシードル醸造にもチャレンジしている。「束稲山麓シードル」という銘柄で、原料として使用している「大文字りんご」は、ほとんどが地元である平泉町産のものだ。
「大文字りんごは非常に美味しいので、教科書通りに造るだけで美味しいシードルになるのです。素材がよいと美味しいお酒になると、シードル造りを通して改めて実感しました」。
だが、ワイン醸造とシードル醸造は工程に違いもあるため、難しさも感じるそうだ。特に、りんごを潰す工程に非常に手間がかかったという。また、ぶどうより果汁に含まれる栄養分が若干少ないため、使うべき発酵補助剤の種類もワインとは異なるのも難しい点だ。

https://terroir.media/?p=7874
@feel.terroir
2023年の「ひらいずみヌーヴォー」は、前年までよりもさらに美味しくなったとの評判だという。
「2023年は、熟度が上がってからぶどうを収穫したので、より凝縮感がある仕上がりになりました。ぶどうの味と品質がダイレクトにワインの仕上がりに影響することを実感しましたね」。
2023年ヴィンテージの「ひらいずみヌーヴォー」のアルコール度数は8度。深みがあり、鮮やかで可愛い色味が特徴だ。また、澱(おり)引きを丁寧に実施したため、より透明度がある仕上がりとなった。

https://terroir.media/?p=7874
@feel.terroir